協同組合 広島県鉄構工業会
トップ工業会について>メッセージ(理事長)

メッセージ(理事長)

協同組合広島県鉄構工業会理事長 山本 泰徳
鉄骨加工業界全体の地位の向上を目指して
協同組合広島県鉄構工業会理事長 山本 泰徳

我々鉄骨加工業者は、長年総合建設業者の数ある下請けのなかの1つの業種程度の認識及び扱いです。
しかしながら、我々鉄骨加工業者は、建設産業の中では最も規模の大きい業種の1つであり、なにより経済活動の拠点となる工場・高層ビル等の躯体、市民の生活空間の安全を維持する躯体等々の重要な部分を担っております。

本来は社会的に高く評価されるべき業種が、何故??長年評価されず、一般的な知名度も低かったのでしょうか?

これは、我々鉄骨加工業者自身が技術的な研鑽のみに力を注ぎ、対外的なPRを怠ってきたことが大きな原因だと思います。
この反省から、私は理事長としまして、行政をはじめ、民間企業・学校関係者に対して積極的に業務内容等をPRし、業界全体の知名度、評価を上げていきたいと思います。

組合は今年度、3つの委員会組織を立ち上げ、3委員会はそれぞれ目標を定めて活動して参ります

①経営近代化委員会(境谷副理事長担当)では、長年無償奉仕してきた、公共工事における
鉄骨工事予算作成用の下見積単価入力作業の「有料化」に取り組みます。
そして、将来的には民間工事を含めた鉄骨工事積算・見積「有料化」を目指します

②教育委員会(永谷副理事長担当)では、鉄骨加工における新工法等に関して行政関係者との合同勉強会の定例化、建築専門の学識経験者との定期的な勉強会等を通じて、経験値で蓄えられた技術の公式化・普遍化そしてPR等を実施致します。

③運営委員会(佐藤副理事長担当)では、共同購入品に関して組合員統一価格を設定すると同時に、新規商品の開拓及び品目の拡大を図り、組合員がコストメリットを享受できるように活動致します。

私は、理事長といたしまして今後、全力を傾けて鉄骨加工業者の地位の向上を目指して活動して参ります。

組合員各位のご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

協同組合 広島県鉄構工業会
広島県広島市西区三篠町一丁目13-9 TEL (082)238-6539 / FAX (082)238-8326 / E.mail :hsfa@ruby.ocn.ne.jp
Copyright (C) 2004-2009 Hiroshima Steel-rib Fabricating Association. All Rights Reserved.