協同組合 広島県鉄構工業会
トップ組合アピール>鉄骨構造について

鉄骨構造について

 鉄骨構造とは、H形鋼や角形鋼管などの鋼材を主に溶接して建物の躯体を造ることを言います。鉄骨構造建築物は耐震性、省労力、省資源や超高層、大空間への適合などその優位性が認められ、わが国建築物の中で重要な地位を占めています。鉄骨構造建築物がこのように重要な地位を占めることになりましたのは、我々鉄骨製作企業(ファブリケーター)が技術向上に努め高品質な鉄骨構造建築物を製作、提供してきたことにあると確信いたしております。こうした我々の長年にわたる技術向上と品質確保の取り組みは、検査制度、管理技術者・検査技術者制度など諸制度の整備・充実と合わせて、現在の国交省大臣認定工場制度(性能評価)として結実し、社会または関連業界から高い評価を得ています。今後も我々は、鉄骨構造建築物の製作について確たる自信と誇りをもって、高品質な鉄骨構造建築物の製作、提供してまいりたいと思います。

協同組合 広島県鉄構工業会
広島県広島市西区三篠町一丁目13-9 TEL (082)238-6539 / FAX (082)238-8326 / E.mail :hsfa@ruby.ocn.ne.jp
Copyright (C) 2004-2009 Hiroshima Steel-rib Fabricating Association. All Rights Reserved.