協同組合 広島県鉄構工業会

仕事のマニュアル

  1. 鉄骨とは
  2. 建築物ができるまで
  3. 図面
  4. 材料
  5. 一次加工
  6. 組立て
  7. 溶接
  8. 塗装
  9. 出荷
  10. 現場
  11. まとめ
  12. 仕事のマニュアルトップ

鉄骨とは

私たちは、形鋼、鋼板等の鋼材の加工・組立て・溶接により工作物を築造する工事をしています。

具体的に次の工事があります。

  • 建築鉄骨工事
  • 鋼橋梁工事
  • 鉄塔工事
  • 水門工事
  • 鋼製プール工事
  • 鋼製タンク工事
  • 屋外広告塔工事など

上記の工事のうち建築鉄骨工事を取り上げていきます。

建築鉄骨とは?

広島港宇品旅客ターミナル トラス構造

広島港宇品旅客ターミナル トラス構造

工場 写真

建築鉄骨とは、鋼材を用いてビル・体育館・工場・住宅等の骨組みとなる柱や梁を製作し、工事現場で組立てます。
鉄骨は人間で例えるならば骨格に相当し、建築物の重要な役目を担っています。
鉄骨造は大きくわけて、ブレース構造、ラーメン構造、トラス構造の3種類に分類されます。
鉄骨造の長所は、木材に比べ強度が高く、鉄筋コンクリートに比べ重量が軽いことから、長い梁として利用することができます。
ラーメン構造の場合、間取りの自由度が高く、リフォームも容易にできます。
トラス構造の場合、極めて軽量に設計できるので、ドーム・体育館の屋根など広い空間を実現できます。
鉄骨造は耐震性に優れ、人々の生命、財産を守る建築物として、また地球に優しいリサイクルに適した構造です。

協同組合 広島県鉄構工業会
広島県広島市西区三篠町一丁目13-9 TEL (082)238-6539 / FAX (082)238-8326 / E.mail :hsfa@ruby.ocn.ne.jp
Copyright (C) 2004-2009 Hiroshima Steel-rib Fabricating Association. All Rights Reserved.