協同組合 広島県鉄構工業会

仕事のマニュアル

  1. 鉄骨とは
  2. 建築物ができるまで
  3. 図面
  4. 材料
  5. 一次加工
  6. 組立て
  7. 溶接
  8. 塗装
  9. 出荷
  10. 現場
  11. まとめ
  12. 仕事のマニュアルトップ

材料

2-1 材料

鋼材の規格、ボルト、溶材、塗料の規格が仕様に満足しているかによって購入します。
材料の受入れは、規格品証明書(ミルシート)、現品証明書と現品との照合による材質の確認、外観検査、員数の確認をします。
支給品の受領時の検査は、 送り状による種類と員数の確認、外観検査を行います。

2-2 材料の保管
構造用鋼材

泥、油、ペンキなどで汚れたり、水、酸などでさびないように注意し、山積にする場合は、無理な力が加わって変形をしないように保管します。

ボルト

ボルトの種類が増え、ボルトの径、長さによって種類が多くなるので、混同しないよう整理し、防湿、防じんに努め、ねじ山にきずがつかないように保管します。

溶接材料

使用にあたっては、充分乾燥しておく。保管場所は充分注意し、種類ごと、径ごとに分け、溶接ワイヤは、梱包状態であれば乾燥はしなくてもよいです。

材料(H形鋼・角形鋼管)

材料(H形鋼・角形鋼管)

構造用トルシア型高力ボルト(S10T)

構造用トルシア型高力ボルト(S10T)

2-3 材料の種類
材質
一般構造用圧延鋼材(SS材)
溶接構造用圧延鋼材(SM材)
建築構造用圧延鋼材(SN材)
H形鋼
広幅、中幅、細幅(H-300×150×6.5×9)
外法一定H形鋼
角形鋼管
建築構造用冷間ロ−ル成形角形鋼管(BCR)
建築構造用冷間プレス成形角形鋼管(BCP)
一般構造用角形鋼管(STKR)
みぞ形鋼
[-100×50×5×7.5
形鋼
C-100×50×20×2.3
L-6×65×65
ボルト
構造用トルシア型高力ボルト
摩擦接合用高力六角ボルト
溶融亜鉛めっき高力六角ボルト
中ボルト
アンカ−ボルト
建築構造用転造ねじアンカ−ボルト(ABR)
建築構造用切削ねじアンカ−ボルト(ABM)
塗料
一般用さび止めペイント(JIS K 5621)
シアナミド鉛さび止めペイント(JIS K 5625)
鉛・クロムフリ−さび止めペイント(JIS K 5674)
注意事項

特殊材料使用の場合の対策は、調達しにくい鋼種・サイズ・数量などを把握し、いつ、誰が、どのような手段で購入したかを確認し、その結果を評価し、記録にのこすことも、材料を保管するうえでの大切な一つです。
入荷した材料を識別する為に、マ−キングをします。
材料の性質を把握し、適切な鋼材を選定します。
購入した鋼材は雨風をさけ、なるべく屋根のある場所に保管します。
塗料などは、保管庫に入れる。溶材も湿気をさけ保管庫等に収めます。
鋼材の荷卸しの時、材料の下には、絶対に入らないように注意します。
玉掛け用ワイヤ−を使用し、台付けワイヤ−で荷を吊てはいけません。(ワイヤ−点検1ヶ月に1回)

資格

1.2級鉄骨製作管理技術者
玉掛技能者
床上操作式クレ−ン

協同組合 広島県鉄構工業会
広島県広島市西区三篠町一丁目13-9 TEL (082)238-6539 / FAX (082)238-8326 / E.mail :hsfa@ruby.ocn.ne.jp
Copyright (C) 2004-2009 Hiroshima Steel-rib Fabricating Association. All Rights Reserved.