協同組合 広島県鉄構工業会

仕事のマニュアル

  1. 鉄骨とは
  2. 建築物ができるまで
  3. 図面
  4. 材料
  5. 一次加工
  6. 組立て
  7. 溶接
  8. 塗装
  9. 出荷
  10. 現場
  11. まとめ
  12. 仕事のマニュアルトップ

一次加工

3-1 一次加工の目的

一次加工とは鉄骨製作時に、素材を溶接したり、組立てる事前作業を示します。
ここでの作業が上手くいかなければ次工程に大きく影響します。
出来上がった製品が図面通りのものにするために重要なポイントです。

3-2 一次加工の種類

一般に一次加工と呼ばれるものには下記の項目があります。

  • 孔あけ
  • 切断
  • 開先加工
  • けがき
一次加工 写真一次加工 写真
3-3 各項目のポイント
孔あけ

孔開け加工は建方作業時に製品と製品を接合するのによく使われます。
孔の大きさ(ドリル径)の確認±0
孔の位置の確認±0.5mm

切断

製品の長さを決めます。1mmの誤差までをここで確認となります。
長さの確認±3mm

開先加工

健全な溶接にするための作業です。
機械、ガス、プラズマ加工等があります。
開先面の粗さ100μmRz以下
開先面のノッチ≦0.5mm
ルート面≦1mm
べベル角度≧−2.5°
以上が一般的な管理項目です。

罫書き

製品の形を決めるための事前作業となります。
材質の確認
罫書き線(長さ、ポンチ、合わせ印)の位置確認±0.5mm

各作業で細かな管理値が各社で決められていますのであくまで参考数値です。

注意事項

製品の精度に係る部分のため細心の注意を要します。
精度誤差を把握し、出来上がる製品にバラつきが無いようチェックシート等を活用し精度を高める

安全・モラル

材料の性質を把握し、適切な工具、機械を使用する。
鋼材の荷卸しの時、材料の下には、絶対に入らない。
玉掛け用ワイヤ−を使用し、間違って台付けワイヤ−で荷を吊らない。(ワイヤ−点検1ヶ月に1回)

資格

1.2級鉄骨製作管理技術者
床上操作式クレ−ン
玉掛技能者

協同組合 広島県鉄構工業会
広島県広島市西区三篠町一丁目13-9 TEL (082)238-6539 / FAX (082)238-8326 / E.mail :hsfa@ruby.ocn.ne.jp
Copyright (C) 2004-2009 Hiroshima Steel-rib Fabricating Association. All Rights Reserved.